意外と扱いやすい紙パックの再利用方法7選!賢い人はすでにやっている!?

皆さんは牛乳パックなどの紙パックはどうしているでしょうか。

だいたいの人はゴミの日、またはリサイクルに出していると思います。

 

冷蔵庫内では場所を取り、飲み終わったら洗って乾燥させなくてはいけません。

一言で言って面倒くさい…。たまにゴミ・リサイクルに出すのを忘れて溜まってしまう。

 

そんな紙パックですが、ゴミ・リサイクルに出す以外にも使い道があるのです。

 

というのも、液体の入っている側は耐水性が抜群で、外側の神を剥がせば吸水性が抜群です。そして紙自体も厚く、箱状なのである程度頑丈です。

 

そこで紙パックを使った再利用方法を7種類紹介していこうと思います。

 

再利用方法① まな板

 

使い方としては、紙パックを開いて内側(液体の入っていた側)を使います。

 

野菜や果物を切ったあとのまな板は洗いやすいですが、肉や魚を切ったあとはとても洗いにくいです。

 

そしてまな板を洗っているときに「まな板を洗うのも面倒くさい」「洗い物は最小限に抑えたい」と思うことが多いです。

 

特に手がかじかみやすい冬は…。

 

そこで洗い物最小限に抑えられるのが紙パックの内側です!

 

内側は耐水性が抜群なため、まな板代わりとしても最適です。

使い終わったらゴミ箱にポイするだけなので洗い物も包丁のみとなります。

 

再利用方法② クレーパー

使用する部位は紙パックの底の分厚くなっている部分です。

 

紙パックをまな板として使用したときに底の部分を切り取って使います。

 

鍋の底についたカレーなどの頑固な汚れを落とすのに重宝します。

 

まな板と同じように使い終わったすぐに捨てられるのも魅力的です。

再利用方法③ ラベルプレート

使い方としては、紙パックを開いて自分好みの大きさにくり抜きます。

だいたい目安としては5cm×5cmが基準となります。

 

紐が結べるカゴなどの収納ケースにつけることで整理整頓が簡単になります。

 

追加で準備する必要があるのが以下の通りです。

  • サークルカッター(ハサミでも可能)
  • 細い紐
  • 油性ペン(水性ペンは非推奨)
  • テプラ(あれば簡単)

 

作り方は簡単で、たったの3工程です。

  1. 紙パックをサークルカッターで切り抜く
  2. 紙パックの内側に油性ペンでモノの名前や場所を書く
  3. ラベルとして紐で結ぶ

 

再利用方法④ 仕切り箱

基本的な使い方としては、紙パックを開かず上部の三角形の部分を切り取って使います。

 

紙パック1つだと、使い切りタイプのモノを立てて収納することができます。

そして紙パック2つをつなげて使えば、ふりかけの袋やパスタソースなどをキレイに収納できます。

 

紙パックの切り取る部分を変えて、側面を切り取れば塩・胡椒などの瓶も収納できるので、紙パックの組み合わせ方は多く、収納場所によって変えることができます。。

 

また、リメイクシートやマスキングテープを貼ることでオシャレな仕切り箱にすることができるので、インテリアとしても活用できます。

 

 

再利用方法⑤ パウンドケーキの型

お菓子作りが好きな方は使ったことが多いと思います。

 

使い方としては、紙パックの一面を切り取って使います。

 

紙パックの内側にクッキングシートをきちんと覆ったら完成です。

後は生地を紙パックに流し込んで、オーブントースターに入れるだけです。

 

ただし紙パックにしっかりとクッキングシートを覆わないと、型とトレー・天板にこびりついてしまうので、間にアルミホイルなどを敷くとくっつかずに済みますよ。

 

再利用方法⑥ 子供用の椅子

子供用の椅子を作るにあたって必要となる材料は以下の通りとなります。

  • 開いていない紙パック(最低でも10パック以上)
  • 新聞紙(なるべく多く)
  • 接着剤
  • リメイクシート

 

作り方は意外と簡単で、4工程です。

  1. 紙パックの中にひたすら新聞紙を詰める。
  2. 椅子の形に仮組みする
  3. 接着剤を使って接合する
  4. 椅子全体にリメイクシートを貼る

 

ここで上手に作るコツとしては、紙パックの中にできるだけギュウギュウに新聞紙を詰めることです。

中身がスカスカだと、ちょっと体重をかけただけで壊れるのでしっかりと詰めましょう。

 

先程の材料の量を増やし、ダンボールを加えて作成することで大人でも座れる椅子を作ることもできますよ。

 

再利用方法⑦ ペン立て

紙パックの上部を切り取ってすぐに使えるペン立てです。

 

そこにリメイクシートやマスキングテープ、ペイントを施すことでおしゃれなペン立てにすることができます。

 

紙パック1つでもできるのですが、組み合わせによってはペン立てと書類立て兼用の収納ブースを作ることもできます。

 

また上部の切り方を斜めに切るだけでも雰囲気が変わり、ペンも取りやすくすることができます。

まとめ

  • まな板
  • クレーパー
  • ラベルプレート
  • 仕切り箱
  • パウンドケーキの型
  • 子供用の椅子
  • ペン立て

 

これらのことが紙パックの再利用方法となります。

 

紙パックの切り取り方や使う部位、単体か複数、収納するものや場所によって活用方法が異なるので自分好みの使い方を見つけることができると思いますよ。