こんにちは、神戸の不用品無料回収「ぐりーんびず」ブログ担当の横山です!

今日は先日体験したちょっと不思議なお話を一つ・・・。

 

とある町でポスティングをしているときの話です。

そこは車は殆ど走ってない閑静な住宅街で、

聞こえてくるのは、自分の足音くらいのものでした。

 

チラシを半分ほど配り終えた頃でしょうか。

角を曲がると今までの広い道路とは違って狭い路地になっていました。

車1台分くらいの。

すると少し先の方から楽しげな笑い声が聞こえてきました。

井戸端会議というやつでしょうか。

しかし人の姿は確認できません。

歩いていくと理由がわかりました。

その声の主は僕の左側の家の2階にいたのです。

窓から顔を出して正面向いてなにやら喋っています。

「ああなるほど、こんな狭い道路や。お向かいさんも2階から顔を出してしゃべってるんやろう」

と思って、右側を見た瞬間目に映ったのは

「入居者募集中」

という看板。ぼろぼろの空き家でした。2階に窓はあったものの当然開いてないし、人がいるはずがない・・・

「んー?だれとしゃべってたんやろう」

と思って左側の2階をもう一度見たら・・・

じーーーーっとこっちを見下ろしてました。

一瞬ビクッとなった僕はチラシを入れるタイミングでもあったので即座に目をそらしてポストにチラシを入れて、

好奇心を抑えきれずにもう一度2階を見てみました。

するとその窓はいつのまにか閉まっていました。ほんの1秒2秒の出来事でした。

「窓が閉まる音、したっけ?」

ぶわっと鳥肌が立ちました。

 

 

そのあと普通にポスティング続けたんですけど、いやーなんか不思議だったなぁ・・・。